こだわり達人によるこだわる方のための会員制倶楽部「プルミエール倶楽部」当倶楽部が原則対感したこだわりをご紹介

シェアする

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

<このコンテンツは一般の方も閲覧できます>
社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動
社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

被災された方々のお見舞い申し上げます。

また、この被災に対し今代わりに力になってくださる世界各国の皆様方おひとりおひとりに

心より感謝します。

被害にあわれた地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げますと共に
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみ申し上げます。

一刻も早く復旧されることを祈ります。

なお、今回被災に見舞われた方々に対し
影ながら震災を支えている女性たちにスポットをあて

ドキュメンタリー形式で原稿を書かせていただきました。

マッチングという本来の趣旨とは若干それますが
緊急時のためテーマを変えさせていただきましたのでご理解いただけたらと思います。

微力ながらも一日も早い復旧と希望にお役立ちいただけましたら幸いです。

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動
3月11日午後2時46分ごろ、マグニチュード9.0を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生。

停電や火災、津波などの被害が拡大し、戦後最大の大震災となった。

また、外務省発表によると

3月17日(木)18時現在,117の国・地域及び29の国際機関等から支援の申し入れがあり、

世界各国がこの震災への復興に現在尽力している。


社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

新宿パークハイアットホテルは都庁が隣接し、都のステイタスシンボルの1つ。

その時私は、コンサルの仕事で同ホテル41Fピークラウンジにいた。

そして、午後2時46分地震発生―。

横揺れだが、その揺れの大きさと長さ、最上階からは食器と思われるガラス等が割れる音が鳴り響き

ラウンジを囲うのはまたガラス。

都会のマンハッタンシンボルが一瞬にして恐怖に包まれた。

私は、即座にガラスが怖く顔を手で覆いテーブルの下に避難。

強く長い地震のため、急遽同ホテルでは設置した一時避難場所へ移動するよう指示がだされた。

スタッフの若い女性が涙ぐみながらも気丈に仕事をし続けたのが印象的だった。

そこから、交通網が麻痺した影響も受け宴会場が避難所としてもうけられた。

余震が続き、高層階の恐怖というのもあり、一刻も早く家に帰りたいという不安から階段で降りて帰って
いく人たちも続出。

避難所で朝まで迎えた人はなんと20名弱まで絞られた。

ありがたく、食料・水・毛布などはホテルサイドにご用意いただき私は次の日午後に

帰路につくことに。

(なお、耐震設計のため同ホテルの建物は無事だった)

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

帰路についたものの、私が住んでいるのは埋立地。

停電と余震の影響もあり、とりあえず必要な食料・水などを確保してから

対面コンサル活動を一時休止。

今できることを考え、急遽被災地限定でSkype、電話、メール相談によるボランティアコンサル活動を開始した。

すると早速、湾岸埋立地浦安よりSOSの電話!

平山 智子さん(42歳)

平山 智子は子供二人を女手一人で育てる女社長
女性応援団体ロイヤルワラント代表



社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動
(写真:平山 智子さん)

過去、業界発のウエディング専用補正下着レンタルサービスをプロデュースし、雑誌「財界」他メディア実績多数。

平山さんは、千葉県浦安が居住地だが、震災時は池袋で盲導犬募金活動をしていた。

震災後、帰路についたのは翌日深夜3時で池袋から被災地にいる子供を迎えにいくまで9時間かかった。

そして、翌々日後から支援物資回収活動に入り、友人ひとりひとりに声をかけ衣類、毛布、生理用品、
下着等を 4トントラックに集め、現地市役所やNPO団体の協力を得て、避難所にこれら物資を届ける
ことができた。

「物資がとどいたときには歓声があがったとのことを報告をうけホッとし力が抜けました(平山)」

なお、平山さんの居住地や隣街はダメージが大きく、液状化による地面の陥没、断水状態、
泥が家の中にたまるという悲惨な状況でもあった。

そんな中で、今日生きるための水や食料の確保が困難。

たった1リットルの水が緊急時にどれだけありがたいことか・・・

そしてガソリン不足の中、近所のスタンドにたのみこみ少し給油いただき、
その燃料で子供達を遠方にある保育園に一時預けることができ、仕事も再開。

しかし、気丈に振舞っていてもこのような非常事態において様々なことのショックや動揺は当然だった。

そもそも何から着手したらよいか?

やることが膨大にある状況下で、少し混乱していたが60分電話相談をすることで気持ちが和らいだ
ようだった。

「安堵と同時に、ダメージが大きくなっていくことを感じましたが、

人と話すことで緩和することができ、募金活動や仕事に着手できるようにも戻っていきました(平山)」

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

誰もが不安だったり、自分自身のことで精一杯。同時に心体のダメージも受ける。

そんな中、当倶楽部で「最幸のコミュニケーションの達人」としても紹介している神名美江さん。

神名さんも被災地の埋立地が居住地だが、地震直後には地下鉄にいた。

その恐怖からダメージを軽減するためのワークを自ら実践し続けながらも仕事と家庭を両立している。

神名さんは子供を1人かかえ、阪神大震災も遭遇。

当時、神戸にいたがそこから逃げず、今回も被災地新浦安にいて多くの親戚から西日本に戻らないかという声がありながらも拒否。

「私には家族、仲間、そして家がある。離れるわけにはいきません(神名)」
社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動
(写真:神名美江さん)

また、(社)日本リ・ファッション協会の代表理事・鈴木純子さん。

被災地に送る毛布と衣類の寄付の依頼を主にブログ、Twitterにて呼びかけた。

東北地方太平洋沖地震の被災地に対し、一般の方々から集めた毛布や衣類を救援物資として
寄贈を始め、輸送は現地への通行許可を持っている会員企業様に依頼し、主に福島県、宮城県
の被災地に運ぶよう手配。

多くの女性が鈴木さんの活動に協力し、家にある毛布などを寄付した。

「今回の地震では、私の実家や親戚も地震で被災していることもあり他人事ではありません。

当初は支援物質(毛布と衣類)を集めて送る取り組みは見切り発車だったかな?と思ったのですが、

結果的にはすぐに行動して良かったと感じています。後になって供給過多になったとしても
被災直後は一刻も早く届けることが大事だったのですから。

今は、これから長く続く復興期に継続的にできることを検討中です。

復興期には生活と産業の両面に対する支援が必要なので大前さんと連携できることが
ありそうなので、その際にはぜひ宜しくお願いいたします。(鈴木)」

社会貢献の場 東北地方太平洋沖地震ボランティア活動
(写真:(社)日本リ・ファッション協会に届けられる物資)

非常事態の中、この他多くの隠れた女たちはだまっていなかったー。




「被災地は私の亡き母親との想い出が沢山つまっており他人事ではありません。

一刻も早いライフラインの確保を祈っております。

コンサルタントとしても私でできることから実践したいと思います。
緊急時に悲鳴をあげるだけでなく、
他人を思いやる人たちもいるということを微力ながら伝え
皆さんの希望に少しでも繋がれば幸いです。
(大前)」

―次回に続く―

注)今回の被災に伴い、映像による恐怖をこれ以上あおらないため、
被災の画像は控えさせていただきました。

私=大前美翔

文:大前美翔


このページの先頭へ

Copyright © 2003- happy come come co., Ltd All rihts reserved.